2歳 イヤイヤ期

2歳児のイヤイヤ期


まだ言葉でうまく自分の感情を表現できない2歳児、それ故に泣く、暴れるということが多く、

 

手を焼いております。

 

幼稚園の未収園児クラスに通っていますが、そこに行かせる為にも仕度をさせて、

 

車に乗せて、園まで歩かせてというなんて事無い一連の流れの中にも様々な困難があります。

 

おもちゃを持って行きたい、お兄ちゃんのお教室に入りたいなど、わがままをいうことがよくあります。

 

その感情をいったん認めてあげて、うまくいけばいいのですが一筋縄には行きません。

 

モンテッソーリ教育の園に通わせているので、そこでいろいろと相談に乗ってもらいながら、

 

自分なりの解決方法を模索しています。

 

 

 

毎日、同じことの繰り返しのようですが、確実に前に進んでいる、それは頭の中ではわかっていても

 

なかなか日々の苦しみは消えません。すこしずつ一人になる時間や、主人に子供達をお願いして、

 

気づいた事をシェアする等、工夫して行かなければ、子育てを楽しむ事は中々難しいと思います。

主人に話す


長男が4歳、次男が2歳で男の子二人を育てています。

 

○体力の発散

 

二人とも元気一杯で、毎日体力をもてあましているため、公園に行ったり、家の中に体を動かして遊べるようにしたり工夫しています。

 

しかし、私自信が疲れていたりすると公園にも連れて行けず、家で機嫌が悪くなり、大変です。

 

 

 

○二人のケンカ

 

年の差があまりないため、ケンカも絶えません。読み聞かせの際も、二人の読みたい本が違う事で読み手の取り合いです。

 

下の子が上の子が一生懸命作った物等を壊し、起こられたりも日常茶飯事です。その仲裁に一日の大半を費やします。

 

 

 

○2歳時のイヤイヤ

 

だいぶ言葉で言い表せるようになりましたが、まだまだ泣く、暴れるの繰り返しです。

 

その度に、怒らずにどうしたのか気持ちを汲み取りますが限界があります。

 

体重も重くなってきているので、外で泣きわめいたときは抱っこして連れ帰るのも一苦労です。

 

 

 

○4歳児の成長

 

だいぶお兄さんになってきたとは思いますが、お友達が出来るようになった事が全く出来なかったり、

 

私が比べてしまい、その事がイライラにつながり、負の連鎖です。

 

ひらがなの読み書き、お箸の使い方等、次から次へと課題がやってくるので、

 

楽しんでやっているつもりでも苦しさはあります。